PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

海ーーー!(2)

マリーナ・ビーチの南は漁港になっています。
  ※マリーナ・ビーチは北の方が賑わうスポットになっているらしく、
   私達の行った南の方は少し閑散としているようです。

P1040196_convert_20100119145408.jpeg


そして、水揚げされたを売っている露店(?)が並びます。

P1040197_convert_20100119165531.jpeg

P1040207_convert_20100119170146.jpeg


この時の温度・・・約35℃
炎天下で魚を陳列しても良いのでしょうか?
ちょっと買うには躊躇します。

スリニ(Kuroママの運転手さん)に聞いてみました。

漁船は大体10:00~11:00に港に戻って来て、釣れた物をそのままこの露店で売るそうです。
陳列したら大体2時間位で売れてしまうらしい。

「(陳列するとき)氷とか冷蔵装置は要らないの?」と聞いたら、
『ここの魚はとってもフレッシュだから、氷なんていらないのさっ!!』

うーーーーーん。
何かが違う。いや、根本的に違う。
インド滞在中、ここで魚を買う事はないだろう・・・。



P1040209_convert_20100119165836.jpeg  ←ニワトリもいます。

P1040211_convert_20100119170254.jpeg  ←海で洗った洗濯物。

P1040214_convert_20100119170407.jpeg  ←そして、浜辺に干す!!

P1040212_convert_20100119170549.jpeg  ←ゴミ箱の陰に潜むヤギ親子。

P1040215_convert_20100119170709.jpeg  ←これは?観覧車??


そしてもう一つ、スリニから聞いた話があります。

覚えていますか?2004年12月26日のスマトラ沖大地震
(スマトラはもちろんインドではありませんが)
津波がこのマリーナ・ビーチまで押し寄せて来たのです。

その時、この周辺の漁村や町は壊滅状態になり、多数の死者が出たそうです。

今は復活し、以前のように人が戻って来て生活をしています。
津波以降、政府は別の安全な場所に被害者の住居を用意したそうです。
でも人々はまた海辺の生活を望み、戻って来ました。

ここが彼らの生きていく場所なのでしょう。

P1040210_convert_20100119170904.jpeg


Kuroママ

| お出かけ | 14:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kuropapaz34.blog99.fc2.com/tb.php/13-0cce7c98

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。